早出幼稚園

  • 早出幼稚園おたより
  • 園長ブログ
  • 未就園児エントリーシート
  • 就職エントリーシート
  • 情報公開
  • 情報公開
  • 浜松市私立幼稚園協会
  • チャイルドブックのおやこポケット
  • 浜松市Eスイッチフェイスブック
  • 日本シェアリングネイチャー協会
  • 静岡県シェアリングネイチャー協会
  • NPO法人ひずるしい鎮玉フェイスブック

園長ブログ

園長 荒巻太枝子
【プロフィール】
自然とひとをつなぐ自然案内人として活動中
ネイチャーゲームトレーナーとして県内外の大学において保育者を目指す学生に保育内容(環境)の授業を受け持つ
静岡県環境審議員、浜松市環境審議員、浜松市環境教育ネットワーク副委員長
チャイルド本社刊「みんなともだち」 親子で楽しむ自然体験 コーナーを担当
共著「人と自然をつなぐ研究」「ネイチャーゲームで広がる環境教育」ほか

平成25年度 環境大臣賞受賞

観音山の下見

5月の末に年長の先生たちと観音山の下見に行ってきました。若い2人は山頂登山もしました!お疲れ様です。その間に私が所員の先生と打ち合わせ。今年はコロナ予防のため・・どんだけやるんだ!という徹底ぶりに困惑。体験時間がどんどん削られ・・若干「なんのためにいくんだろう・・」というボヤキも出ました。(汗)活動日の8月には、少しでも緩んでいて欲しいものです。このところの気候変動に対応すべく、今年度から体験活動の質を変えようと模索を始めたのですが、まさかコロナは想定外!それでも人は人の中、自然の中で育つという思いは変わりません。
2020/06/02

分散登園で!

先週は3つのグループに分けて分散登園。久々に園内に子どもたちの声が!年少さんは、ようやく幼稚園ライフの始まりです。先生達全員に「帰りたいんだけど」と訴える子、エネルギーがありあまっている子、帰るを主張してカバンを下ろさない子といつも4月に観る光景が展開されていました。私達教師の感覚は季節感と結びついているので、ついつい5月半ばには、このくらいできるはずとなりがちですが、「いやいや、まだ4月スタートの時期だから」と頭を切り替えることが必要です。先生たち同士、声を掛け合いながら常に状況を見極めていく事がこの2ケ月くらいは重要な事だと思います。
2020/05/17

昨夜の夢は・・

今日から「分散登園」を始めました。初めて登園した年少さんも元気いっぱいで、安心しました。

年中のタイちゃんが「あのね、きのう夢を見たんだ。トンネルをぐるっと一周するの。だから、それを作りたい。」と協力を依頼してきたので、付き合うことに・・「これは大変な工事だから1時間はかかると思うよ」「それは、大変だねえ。何かいい方法はないですか?」「一所懸命掘らないと2時半になるからね」というタイちゃんの指示で、ひたすら掘ることになりました。しばらくすると「もういいかもしれないから水を流してみるね」と言い水を流す。すると水は砂の中に・・「水がなくなった。でもこれで硬くなるはずだ。だから次はいいはずだから、また水持ってくるね」また水は砂の中へ。そのうち水はあきらめたのか、「こうやって階段にするとピラミッドみたいになるよ」「ここをまあるくして時計にする」次々とアイデアを出すタイチャン監督!しばらくすると砂場の砂をフルイにかけ残った小石をトンネルへ敷き詰め始めました。おおお~! このあとどうなるかと興味津々で付き合っていたら年少のミニラが突進してきてトンネルが崩壊。もちろんブーブー文句を言ってましたがそれで怒る事にエネルギーを使うよりも、工事を続ける事の方が興味があるようで工事はすぐに再開しました。子どもってホントに面白い!!
2020/05/13

クレージーグラスヘッドに挑戦中~!

リナ先生、アユミ先生、サキ先生とクレージーグラスヘッドに挑戦中です。作り方どうりに腐葉土を入れたら・・なんだかモアイみたいになってしまったのが私のモヤさんです。(汗)頭のてっぺんから芝生がニョキニョキ生えてくるはずで、ただいま観察中!この試作品たちが成功したら年長さんで作ってみよお~。誰のが一番早く出てくるかな?あ、今日水やったけ??
2020/05/12

幼児教育(環境)

幼稚園教育には、教育内容について国で定めた教育要領というものがあります。そのなかに「環境」という領域があります。私が教員養成校で授業を担当している科目です。今年は新型コロナウイルス感染予防対策のため、スタートがWEB授業となりました。まずは学生のみなさんに「子どもと環境のかかわりについて課題と思うことは何か」というテーマで思うところを書いていただきました。養成校の学生らしく、子どもたちを思う気もちにあふれた答えが返ってきて、うれしい限りです。5月いっぱいこのちょっと面倒な授業形態が続くのですが、1人1人とダイレクトにつながるので、それも悪くないか・・と思い始めています。ただ「環境」の授業がWEBばかりというのはねえ・・そりゃ無理ですワ。
2020/05/05

こんなに天気がいいのに・・

「浜松まつり」の元気なラッパも聞こえない静かなGWです。こんなに天気がいいのにね。今日は一日、会計士さんが来て園の会計をチェック。仕事がはかどった一日でした。やれやれ。
2020/05/02

今日は遊具の修繕も

園庭土中の水路工事が難航してます。歴代の兵のなせる業か・・なかなか手ごわい。今日は、加えて大型遊具の修繕も実施。床面の張替えをしました。木製なので、年月を経ると摩耗してくるので、張替えが必要になります。この摩耗の具合が子ども達と過ごした時間のようにも思えます。やはり、木製遊具はいいなあと思います。もうすぐトイレの修繕も始めます。この際だから、あちこち改修、改修!
2020/04/28

お休み中のお電話

今日からクラス担任が、お電話をさせてもらってます。みんなの元気な声が聞けて先生達はうれしそうでした。持ち帰った教材に取り組んでくれたり、少しでも外に出る時間を作ってくれたりママたちの頑張りが伝わってきました。今、先生達はお休み中の教材第2弾に取り組んでいます。願わくば第2弾は使わずに園を再開したいものです!
2020/04/27

園の設備管理

子どもたちがお休みの間に園庭、園舎内の修繕、整備を行っています。先週の土曜日は園庭の土中に走っている水路を全面お掃除。業者さんが、「中から園庭おもちゃやら木の枝やらがごっそり出てきた」と言ってました。まだまだあるそうです。代々子ども達は、隙間からせっせと投下していたのでしょうね。やれやれ・・「子どもって、やるよねえ」と若い業者さんは笑ってくれました。
2020/04/27

来年のチャイルド絵本の原稿

4月号の自然遊びなので、道端の草花を使った簡単な押し花の製作をしてみました。道端や公園でつんだ草花を1週間ぐらい雑誌の間にはさんで水分を抜くと扱いやすくなります。草花なんで地味ですが、作りながら春を感じてくれたらなと思います。花壇で散ってしまったお花の花びらもいいですね。
2020/04/24

休園と再開と同時進行で!!

コロナの感染者数の報道を見ながら、期待を持ったり、がっかりしたり・・5月7日は再開できるのでしょうか。先生達は2パターンで準備をしています。今日は午前中は、駐車場の除草と園舎西側の樹木の枝切そして午後からは5月からの指導計画、あわせて休園が続いてしまった場合の教材づくり。月曜日からは各ご家庭に先生達からお電話がいきます。子どもたちの元気な声を聞かせてくださいね。
2020/04/24

あなたにもできるWEB授業

新型コロナ対策でお休みが続いているのは、幼稚園ばかりでなく大学も一緒。文科省は授業時数について減らす気は一向にないらしく、あちこちの大学はてんてこまい!ワークショップやフィールドワーク中心の私のところにも「あなたにもできるWEB授業」というご案内が来ました。やれやれ・・GWは授業資料作りでつぶれそうです。休園にしていても、右から左からさまざまな課題が入っているのでむしろ忙しい!!コロナが消えてくれることを祈ります。
2020/04/24

はなをくんくん

この絵本は、動物たちが、森の中に一輪咲いた花のにおいを感じて雪の積もった穴から次々と「はなをくんくん」させて出てくるというお話です。この絵本を読むと、どの子も動物たちと一緒に鼻をくんくん!「科学絵本」というと図鑑を思い浮かべる人が多いのですが、子ども達の感覚を刺激し、自分を取り巻く世界に気付かせてあげることが科学の第一歩。お散歩に行きながら、鼻をくんくん・・いいですね。
2020/04/24

春はしっかり来ています

緊急事態宣言が全国にむけて発表され、今後の事が気になりますが、季節は、ちゃんと巡って来ています。園の北側道路に沿った壁には、つくしくんがパレード!かわいい姿を見せてくれていました。お天気の良い日には、どうぞお子さんとお散歩に出かけてみてください。ゆっくりと空を見て、地面を見てたくさんの発見を楽しみましょう。園の昨年度末に改修したビオトープにも生き物たちがやって来る日も近いと思います。そしたら報告しますね。
2020/04/18

絵本のご紹介「お母さんがうんでくれたたまご」

ということで絵本のお話し。今はもう大学生になっている子達のことです。

4月の入園当初、4,5人の子達がに遊びに行けなくて部屋で「ママ~」と泣きじゃくっていました。「ママ~」と言っている子達にママを思わせる絵本は違うかなという不安もあったのですが、いや逆だと思いこの絵本をチョイス。「泣けちゃうねエ~先生が面白い絵本読んであげるよ」と声をかけて読み始めました。泣いていた子達が熱心に卵からかえる色んな生き物の姿を見つめていました。この絵本の最後は、卵からかえった子ガメたちが、一所懸命に海を目指していくというものです。絵本を読み終えると・・泣いていた子どもたちは、子ガメになりきって、部屋の中をパタパタとハイハイで歩き始めるではありませんかっ!すかさず私も子どもたちの気持ちに乗っかって「子ガメちゃんたち~大きくなるのよお」と手を振ってあげました。子ガメたちは、ますます張り切って部屋中を楽しそうに笑いながらハイハイで歩き回りました。その日を境に泣いていた子たちは元気に外遊びへ!ちょっと大きくなった自分を自覚してくれたのかな?絵本の力、子どもの力を感じたできごとでした。
2020/04/15

気持ちをリセットしよう

毎日、園の年間計画、浜私幼の計画と計画の作り直しに追われています。外部との調整もありあわただしく気持ちも疲弊してきました。それではいけないので、ここらでリセット。絵本や自然のことをブログに載せながら、子ども達と過ごす楽しい時間を頭に描いていきたいと思います。
2020/04/15

マスクをいただきました

前PTA会長の中村さんからマスクをいただきました。年中さんは休園前にお渡しをしましたが、今度は年少さん、年長さんの分もいただきました。お子さんもパパも家族総出で作ってくれたそうです!「こういうときに他者(ひと)のこと考えれるってすごいね」とは、先生達のことば。本当にそう思います。コロナ、コロナで若干気持ちが滅入ってきていましたので、先生たちみんな元気づけられました。有難うございました!
2020/04/15

入園式

入園おめでとう!今年度はコロナウイルス感染防止のため、時間を短縮して1クラスずつ開催。会場に余裕があって、子どもたちもリラックスしていました。ただいま、園は感染予防のため休園中です。子ども達の姿がない、声がしない園舎内というのは寂しいものです。早く、コロナが収束してくれますように!
2020/04/15

春休みも終わり・・

春休みも終わり・・とはいえ、土日も仕事してたし!コロナ対策のおかげで、行事の運営方法だの浜私幼のイベントの組直しだの・・勘弁してくれい。月曜日は入園式。窓は全開。時間短縮、1クラスずつの入場となります。
2020/04/04

お引越し

卒園式の次の日、子ども達は進級先のクラスへお引越し。「先生だれかねえ~」とそわそわしている子どもたちの前に「こんにちわ~」とわざと登場してみました。「え?エンチョー?(なんてこった)」「えんちょうせんせいだあ(まあいいかあ)」と複雑な反応の子どもたちの後ろで新担任のアユミ先生がニヤニヤ・・。ふりむいた子ども達。「アユミッチだあ~!!(安堵!)」よかったね。(笑)
2020/04/04